ビールのスタイル

コレに含まれるビールはいっぱいある!ヨーロッパの伝統的なスタイル「ブラウンエール」を紹介!

このブログでは、数々のビアスタイルをご紹介してきました。

“ビール初心者さんにとってわかりやすく”をコンセプトにしているので、かなりざっくりとした分類です。

が、この基本の分類が頭に入っていれば、あとはだいたい派生か、日本では滅多に見られないスタイルです!

初心者必見!好みのビールの見つけ方


こちらの記事に登場するスタイルをベースに、これからも紹介していきます!!

今日ご紹介するのは、ブラウンエールです!

ビール通の皆さまは
読者さん
ざっくりし過ぎじゃね?!

思われたかもしれません。笑

しかし、細かい分類など、わからない方からしたらわからなくて良いのです!!

だいたいどんな味わいか、自分にとって好きそうか嫌いそうか?がわかれば充分でしょう!

それでは早速、どんなビールなのか見ていきましょう!!

ブラウンエールとは

茶色いエールビールです!!

そのままですね!

エールとラガーの違いを詳しく


エールビールでは、色味の違いで分類されることがあります。

ホワイトエールや、ゴールデンエールなどですね。

ブラウンエールは、麦を少し焦がすことで、茶色い色味を出しています。

麦が主体で、ホップは控えめです。だから苦味があるとしても、ホップの苦味よりは、麦の焦げ感の方がより感じられます。

ただし、ペールエールは同じように茶色いエールビールですが、ホップが強いので全く味わいが違い、ブラウンエールには含まれません

ここからは、ブラウンエールをもう少し詳しく分類していきます!

イングリッシュスタイル・ブラウンエール

18世紀ごろ、ロンドンではホップをたくさん使ったペールエールが大流行していました。

それに対抗して、ニューキャッスル地方で麦を主体に作られたのがブラウンエールです!

ブラウンエールは後に、ペールエールと混ぜたポーターが作られ、さらに海を渡ってスタウトとなりました。

スタウトについて詳しく


麦のしっかりした味わいが強く、どちらかというと甘味が主体です。

気温の低い地域では、お食事に合わせやすいビールです!

代表銘柄

⚫︎ニューキャッスル・ブラウンエール

イングリッシュ・ブラウンエールの元祖!!

麦の甘みに、ナッツを思わせる香ばしさがマッチした、香り高いエールビールです!

現在は終売してしまっているようなので、もしお目にかかることがあれば飲んでみて下さい!

ベルジャンスタイル・ブラウンエール

ベルギービールを分類するのは不可能に近いです。

なぜなら、各醸造所ごとに全く違う味わいのビールが作られていて、その種類は数千に及ぶと言われているからです。

そんな中でも、「ある程度分類できた方がいいよね〜」と、ジャパンベルギービールプロフェッショナル協会(通称JBPA)が考案した10の分類があります!

まずエールかラガーか。

エールの中でもトラピストやランビックを除いたら、あとは色合いで分けます。

その中のひとつが、ブラウンエールなんです!

※味わいだけでいうと、ブラウンエールはトラピストビールやアビィビールと似ているものが多いです!

イングリッシュスタイルに比べると、より麦の味わいが強くて、飲みごたえのあるビールが多いです。

特に東フランデレン地方で作られるフランダース・ブラウンエールは、甘酸っぱさや、レーズンやプラムなどの果実っぽさもあります!

発酵後に、オーク樽で長期間熟成させるのも特徴的ですね。

代表銘柄

⚫︎リーフマンス・グーデンバンド
フランダース・ブラウンエールを代表する銘柄です。

味わいと飲みごたえが強い!

赤ワインを飲むような感覚で飲んでほしいビールです。

ベルジャンスタイル・ブロンドエール

レフやマレッツなど、ブラウンエールがあるブランド(ほとんどがトラピストビール、アビイビール)には、同銘柄のブロンドエールもあることが多いです!

ブロンドは銅色ってことですね。

ブロンドエールはブラウンエールに比べて、重くなく飲みやすいです。

またブラウンエールよりもホップを感じるので、よりお食事と合わせやすいビールです!

代表銘柄

⚫︎レフ・ブロンド
レフのブロンドとブラウンで、ベルギービールの、ひいては多彩なビールの世界の魅力にハマったという方は後をたちません!!

飲みやすさとコクのバランスが良い銘ビールです!

一口にブラウンエールと言っても色々あるので飲み比べてほしい!

イギリスとベルギーでよく作られている、ブラウンエールをご紹介しました!

伝統を重んじるヨーロッパらしいスタイルですね。

アメリカではサワーエールという酸っぱいビールが流行していますが、ブラウンエールはあまり見かけませんね。。

日本でも、NORTHISRANDさんやベアードビールさんが作っていますが、ヴァイツェンやスタウトほどメジャーではありません。

コロナ禍が収束した暁には、ベルギービール専門店や、イギリスビール専門店に遊びに行きたいものです!!

それまでは、通販のお取り寄せで楽しみましょう!

スポンサーリンク

人気記事

1

各スタイルのページに飛ぶことができます!ビールを購入される際や、そのビールにマリアージュするお料理を探す際などに活用してください! スタイル名発祥地色アルコール度数代表銘柄 スタウト アイルランド黒色 ...

2

注意 【※この記事はネタバレを含みます‼️】 「アニメ版 鬼滅の刃 シリーズ第1期」(原作マンガ6巻まで)の内容はネタバレを含みます。 「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(原作マンガ7・8巻)のネタバレ ...

3

よく「いむらさんに紹介してもらって、はじめて美味しいと思えるビールに出会えた!」と言われます。本当に嬉しいですね。ビールの素晴らしさを人に伝える活動をしていて本当に良かった!と思います。 あなただけじ ...

-ビールのスタイル
-, , , , , ,

© 2021 ビール大好き女子いむらのWorld Beer Mariage Powered by AFFINGER5